カバンに常に入っていませんか?◯◯薬 | おなかやせ理論[第14回]

薬

 

皆さんの身近で、こんな会話
身近でよく聞きませんか?

 

「ねえねえ、○○の薬持ってない?」

「カバンにいつも入れてるよ、はい!」

 

そこで出てくる薬もさまざま。

 

・胃痛を和らげる
・胃酸の出過ぎを抑える
・胸やけや胃のもたれ解消
・下痢止め
・便秘改善
・腸内環境をととのえる

 

そして、これらの薬を見てもあまり
驚かない人が多いかも……って、

 

それが当たり前で大丈夫???

 

 

やむを得ずに薬をたまーに使う、
というのはあるかもしれません。

 

でも常にカバンに入れるほどの
状況はやはり要注意!!

 

 

◎胃薬の注意点

 

もともと日本人の多くが胃酸不足
と言われているのですが、さらに
胃酸を抑える薬を飲むのは逆効果

長年消化されやすいご飯を主食と
してきた私たち日本人。

 

おかず中心になると、たんぱく質や
脂質が増え、胃に負担がかかり、
消化が悪くなります

 

朝起きておなかがすかない、
胃がもたれるという場合は、
前日の食事が消化不足という
ことが考えられます。

 

健胃・整腸作用のあるお米や雑穀
などの穀物で胃腸力をアップ♪

 

また酸味のある料理や梅干し、
食前のレモン水も消化を助けます。

 

 

◎便秘薬の注意点

 

便通を改善するのに乳酸菌や
ヨーグルトを活用する人は多数。

でもその前に、ちゃんと「出す」
ことが重要
です☆

 

でも便秘薬で無理やり出すと、
腸が便を押し出す筋力が落ちる上、
必要以上に水分も失われます

 

食事で食物繊維を摂って出す、
特に穀物から摂るのがベスト♪

よく噛んで胃腸を動かしてくれる
雑穀ごはんがいちばんオススメ!

 

特に雑穀を多めに入れたご飯を

1日3食よく噛んで食べると、
早いと3日、長くても10日で
便秘体質が変わってきますよ!

 

 

 

薬は本来私たちがもつ力を
「一時的」に補ってくれるもの。

 

カバンに常備ではなく、本来の
自分の体のチカラを高めることを
少しずつでも始めていきましょう◎

 

 


▲pagetop