プロボクサー木村悠選手|おなかやせインタビュー[第1回]

おなかやせインタビュー

 

 

食をきっかけに大躍進された方、食を大切に思い活動されている方をお招きし、柏原ゆきよが素敵なお話を伺う「おなかやせインタビュー」。
記念すべき第1回目のゲストは、先日2月1日に行われた日本ライトフライ級王座決定戦で見事勝利!日本チャンピオンになられた、プロボクサーの木村悠選手(帝拳ジム所属)です。

 

―――木村悠選手、改めまして、日本チャンピオンおめでとうございます!!

 

ありがとうございます!!!!!(ここで両者がっちり握手!)

 

 

――会場で私も途中から涙・涙! 感動しました!手に汗握るすごい試合でしたね!

応援いただき本当にありがとうございました!10ラウンド戦うのは今回が初めてだったので、試合前はやはり不安もありました。でも実際には、試合の最後までスタミナが切れず、戦い抜くことができてほっとしました。

 

 

悠選手_試合

 

 

――10ラウンド戦いきるスタミナ……本当にすごいです!20時に試合開始でしたが、その日は一何を召し上がられたのでしょう?
 

そうですね、当日は炭水化物中心の食事になるんですが、朝食、昼食と15時くらいにお米をしっかり食べました。大事なエネルギー源ですし、今の私の生活に欠かせないのがお米ですね。

―――試合当日もそんなにしっかりお米を食べておられたんですね!確か、私が悠選手の食サポートを担当し始めた二年前、今ほどお米を食べておられなかったような……?

はい、実はそうでした。ゆきよさんに出会った当時は、いわゆる「スポーツ栄養」を自分なりに勉強して、バランスよくご飯とおかずを食べる、野菜を摂るということは気を付けていました。でも、練習の時に集中力が切れてしまう減量に苦労する、ということも多かったんです。食事量も、特にお米に関しては今ほど多くはなかったですね。

 

―――私の第一印象も「ボクシングってすごく練習して運動量も多いスポーツなのに、意外と食事量が少ないんだ!」とオドロキでした。


やはり減量がつきものの競技なので、日ごろから食べる量はかなり意識していましたね。動いている割には食べる量も少なめで、もしかしたら「省エネ体質」になっていたのかもしれません。
二年前にゆきよさんから「お米をしっかり、白米じゃなくて雑穀を入れたご飯で食べる量を増やしてください!」と言われた時は、「えぇーーーっ!?」とビックリ

 

木村悠選手愛用のアスリート雑穀

 


―――そうですよね!それまでセーブしていたお米をたっぷり食べるなんて、目が点ですよね(笑)

 

はい、口も空きました(笑)正直に言うと、「ごはんをモリモリ食べて、体重増えないかな?大丈夫かな?」とは思いました。実際に「ごはんや炭水化物は太る」という風潮もありましたし。
いざ増やすときにかなり勇気がいりましたが、自分の中でもっと強くなるために何かを変えたい」「ゆきよさんを信じてやってみよう!と強く感じたので、思い切って、ご飯の量を一気に倍に増やして取り組みはじめました。

ぱっと見てごはんが多く感じましたが、その分おかずは減らしていたので、意外と無理はなかったですね。アドバイスどおり雑穀もたっぷり入れたご飯を主役にする生活に切り替えました。

 

―――ボクサーの方は、あまり炭水化物を食べない方が多い印象があります。

炭水化物を減らせば、一時的には体重が減ることもあります。ボクサーが減量のことを考えて、ご飯を残すなど、食事からカンタンに抜きやすい炭水化物を減らす傾向は確かに強いですね。
ただ、私がご飯の量を倍にしてしっかり炭水化物を摂り始めてから2週間、驚いてゆきよさんに報告しました。

 


―――雑穀ごはん生活で、体重が変わらずどころか1.5キロ減っていたんですよね!

はい!「なんでご飯をたくさん食べているのに体重が減っているんだろう?」と不思議に感じながら、「これならいけるぞ!」という確信が出ましたね。今日まで2年間、雑穀ごはん中心の生活を続けていますが、じわじわと、でも着実に、体つきが明らかに変わりました。試合を重ねるたびに、脂肪が落ちて筋肉のラインがくっきりキレイに出るようになり、特に今回のタイトルマッチ前には体の変化が歴然でした。

 

悠選手前後

 

―――すごい変化ですよね!肌ツヤもみるみる良くなっていましたよね!


コンディションも抜群に良かったですね。しっかり食べ続けても体重は増えませんでしたし、パフォーマンスも良かった。まわりから調子良さそうだね、と言ってもらえたのは、肌ツヤの変化もあったのかもしれませんね。腹筋は普段見せて歩くことがないので……(笑)
この2年でこんなに変わるのか!と自分でも驚いていますし、体つきや肌だけでなく、メンタル面でもブレなくなり、強くなったと思います。2時間から2時間半の練習の中で、集中力が切れて体が動かない、エネルギーが足りないと感じる場面もあったんです。今は練習前にもおにぎりを食べるようにして、練習の最後までしっかり集中できるようになりました。

 


―――それは嬉しい変化ですね!どれくらいの期間で何キロ減量されたんですか?


ボクサーが水も我慢して毛布をかぶってサウナに入って……という過酷な減量方法を想像される方が多いんですが(苦笑)今回、1ヶ月から1ヶ月半くらいで6~7キロ減量しました。思ったとおり計画的に落とすことができたので、練習に集中できました。ボクサーの中でも、自分ほどしっかり食べながら減量できている選手はいないんじゃないか、と思うくらい減量中もしっかり食べましたね。

 

―――私も聞いてさすがに驚いたのですが……計量前日の食事内容を教えてください!


計量前日に山盛りご飯とお肉を食べました!!これまでは計量前日に絶食することもありましたが、筋肉のつき方や体質自体が変わってきて、試合のたびに減量がスムーズになっていますね。
一般的には年齢が上がるにつれて代謝が落ちて減量しづらくなる、と言われますが、自分の場合は全くそんなことはないですね。経験を積むごとに減量の精度も上がっていて、まさにお米パワー、雑穀パワーを感じています。

 

―――食べて減量に成功と聞いて、勇気づけられる人も多いはずですよね!


試合前の減量時期は感覚もかなり鋭くなるので、何をいつどうやって食べたかが、日々の練習や日常生活に反映されるんだと痛感しました。体重を落とす方法は色々あって良いと思いますが、せっかくなら、体に無理がなく楽な方法が嬉しいですよね。私のようにご飯をしっかり食べて、目標に近づくことが一番近道なんじゃないかと。

 

―――そう伺うと私も嬉しいです!二年のサポートを経てのこのチャンピオンベルトは、本当に感慨深いです。今後の目標を教えてください!


いやー、(チャンピオンベルトを肩にかけながら満面の笑みで)……やりました!!多くの方からの応援のおかげで、ようやく日本チャンピオンになれました。ここからは世界チャンピオンに向けた新たな挑戦が始まります。 

ゆきよさん、本当にサポートありがとうございます!これからもお世話になります!ぜひベルトを持ってください!

 

―――こちらこそ感謝です、嬉しいです!!本当に楽しみですね!今日はどうもありがとうございました!

 

はい、楽しみにしていてください!このベルトを「世界のベルト」に変えられるよう、引き続きお米&雑穀パワーを味方に頑張ります!ありがとうございました!!

 悠選手幸代さん

  


【おなかやせメルマガ登録で悠選手からの特典が!】
「プロボクシング日本チャンピオンが教えるお腹やせのコツ(動画)」

木村悠選手が王座を手にするまでに実践した食スタイルを今回特別に大公開です!

●メルマガ登録はこちらから!

 

【木村悠選手 プロフィール】

悠選手、ベルトと共に安堵の表情

●帝拳ジム プロフィール
 http://www.teiken.com/profile/kimura.html 

●木村悠 オフィシャルブログ 
 http://ameblo.jp/kimura-yu/

●木村悠 Facebook ★毎日更新&申請受付中★
 https://www.facebook.com/yu.kimura.39
●プロボクサー木村悠応援団NEXTYOU FBページ
 
https://www.facebook.com/kimurayuouendannextyou

インタビュアー:柏原ゆきよ(日本健康食育協会 代表理事)

文責:國枝加誉(日本健康食育協会/健康・食育シニアマスター) 

 


▲pagetop