『風呂トレ』のススメ●第8回●日本は風呂トレで元気になる!|食アスリート[第29回]

意識と行動

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

おなかやせメソッドと相乗効果♪
『風呂トレ』のススメ

●第8回●
日本は風呂トレで元気になる!
○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

 

 

◎風呂トレで体温を上げる!


休憩を入れながら42℃のお風呂に
合計10分入れるようになると、
疲れにくくなる、冷えにくくなる
という嬉しい効果が出てきます♪

 

そして、体温(平熱)がじわじわ
上がってくる
のです☆


体温が下がると免疫力も低下し、
風邪をひきやすくなります。


35℃台の方も増えていますが、
理想の体温は36.8℃とほぼ37℃、
平熱を下げずしっかりと上げる
ことが必要です☆

 

胃腸を使う食事をすることと
同時に、熱風呂にしっかり浸かり
代謝を高める
ことが重要です。

 

 

◎風呂トレでエクササイズ

 

自宅のお風呂では難しいかも
しれませんが、銭湯の深風呂なら
ストレッチ
もできます。

 

息が弾みすぎずじんわり汗ばむ。
これはズバリ、エクサササイズ

しかも有酸素運動です◎

 

特に43℃の深風呂では、脂肪を
燃焼しやすくなるといわれて
います。無理のないように
慣れていきたいですね♪

 

日々運動をするのは天候や場所に
左右され、続けられないことも。

 

でもお風呂はほぼ毎日浸かるもの。

もしシャワーだけの人がいたら、
これはもったいない!ぜひとも
お風呂をフィットネスサロンに♪

 

 

◎セルフメンテナンス力アップ!

 

体調が優れない時には、温度を
下げても良いでしょう。自分の
体調に合わせてお湯の温度も
コントロールしましょう☆

 

「あ~手足の先が冷えているな」
「今日は息が弾むのが早いな」
「風呂あがりに体が軽い!」

などなど…。

熱めの深風呂を続けるうちに、
日々のお風呂での感じ方から、
自分の体調変化にも気づきやすく
セルフメンテナンス力もアップ♪

 

また、銭湯で他の方と一緒に施設を
使うことで、マナー意識・公共心
高まっていきます。

 

和食がユネスコの無形文化遺産に
登録されました。日本文化のお風呂も
深風呂の良さ、銭湯の素晴らしさを
伝えていけたら良いですね♪

 

ひとりひとりが風呂トレで健康に
美しくいきいきした毎日を過ごし、
日本全体を元気にしましょう!

 

 

【執筆協力】
一般社団法人 食アスリート協会
代表理事 神藤啓司さん

 

——————————–
社会人野球で活躍・引退後、
アスリートのセカンドキャリアを
支援する活動を行っている。

☆プロフィール詳細はこちら
http://s-a.or.jp/?page_id=18

☆著書「銭湯養生訓」はこちら
http://goo.gl/87jtMM
——————————–


▲pagetop