ある高校ラガーマンのお話パート1|食アスリート[第27回]

Vol327-3

——————————
食とスポーツのおはなし

食アスリート協会(SAA)
主任講師 馬淵恵さん

 

——————————–

小学生から大学生まで
アスリートを食からサポート
管理栄養士・スポーツ栄養士

☆プロフィール詳細はこちら
http://s-a.or.jp/?page_id=16

——————————–

 

皆様こんにちは!
食アスリート協会主任講師 
スポーツ栄養士の馬淵です。

 

==============
食で心も身体も強くなった!
ある高校ラガーマンのお話
~パート1~

==============

 

皆さんは「高校ラグビー」を
観戦した事がありますか?

残念ながら、競技人口が次第に
減っていると言われていますが、

 

******************
one for all all for one
の精神と激しいタックル!
******************

高校ラグビーの戦いには必ず
心揺さぶる感動があります☆


2019年!日本でラグビーの
ワールドカップが開催されます!

 

世界を目指しラグビーに励む、
ある高校ラグビーチーム。


文武両道のこの学校は
広島県の全寮制の高校。

 

日本ラグビー界を背負って立つ
人材を育成したい!
という
熱い思いで指揮をとる監督。

 

彼の元には、ラグビーと
勉強の両立を頑張る選手が、
全国から集まります。

 

そんな選手たちの毎日の楽しみは
3回の食事
です☆


心と体の健康のためにも重要です!

 

しかし当初、彼らが食べる料理は
決して美味しい!ご飯がすすむ!

という内容ではなかったのです。。。

 

私はチーム、業者様との関係で
献立のお手伝いができておらず、
大変歯がゆい思いもありました。

 

栄養サポート業務は補食の管理、

試合での食事、宿舎の食事管理、
マネージャーのサポート、
遠征時のお弁当手配などなど。

 

そして2014年春!!
チーム事情が変わりました!!


5月から学食の新しいスタッフの
皆さんとの2人三脚
がスタート!

 

もちろん栄養も大切です。
エネルギー計算も大切です。。。

 

でも一番大切にしたのは
選手の「美味しい!食べたい!」
という喜ぶ気持ち

 

そして、次に大切なのは、
毎日のごはん食べ放題
おにぎり握り放題という、
しっかりごはん!の方針でした。

 

日々食事係から送られてくる
ラインでの食事写真と選手の様子。


毎日届く「美味しい☆」のコメントが
とっても嬉しかった
です♪

 

5ヶ月ぶりにその学校に行った時は
なんだか涙が出てしまいました♪

 

明るい表情で、心も身体も一回り
大きく成長している選手達♪


一番変化があったのは3年生!

 

おかずが美味しくなったおかげで
ご飯が進み、目標体重をクリア◎
身体も強くなりました!
という
嬉しい報告が続々♪

 

身体が食べ物から作られている
証拠ですね☆


さらに、毎日の美味しい食事から、
食べたいと思う気持ちが育つ♪

 

食は身体も変える!心も変える!


また現場から、そして選手から
たくさん教えてもらいました。

 

そして最も大事な結果ですが。。。

このチームはその年の全国大会で
ベスト4に!チーム最高記録!


馬淵は心の底から感動しました♪

 

こんな感動があるラグビーを、
皆さんも是非応援してみませんか?

 

 


▲pagetop