ちゃんと食べればやせるんだ!~摂食障害を乗り越えて~☆おなかやせ体験の声☆|おなかやせ理論[第50回]

vol.161

 

☆おなかやせ体験の声☆

 

ホントに結果が出るの?と思いながらも
実践して「ご飯を食べても太らない!」
と実感されている方の声をお届けします☆
 

Cさんは36歳2児の母。
介護のお仕事をされています。

10年以上の摂食障害(過食嘔吐)で
悩んでおられました。
 
◎本日の体験者の声
 

「ちゃんと食べればやせるんだ!」
C
さん・女性

 

柏原先生のセミナーを受けてから
雑穀生活を続けています。

 

体重が減ったのは少しだけですが、
今までと違って驚いているのは
おなかまわりの減りかたです!

 

これまで、一気に食べてはそのあとで
戻してしまう、過食嘔吐を繰り返して
きました。でも、今回は違います。

 

過食をしてしまう時、甘いものを食べて
いつもそれなりにおいしいと感じます。

 

でも今回、ものすごく強烈な甘さ
ばかりで、舌はちっともおいしさを
感じていませんでした。なのに、
脳だけがもっともっと、と欲している。

 

過食中は頭がぼーっとしてくるのを
いつも感じます。
嘔吐後は頭は霞がかったように
ぼーっとなり、イライラもし・・・

 

低血糖は脳のエネルギー不足で
生命の危機
と先生に教わりましたが、
まさしく低血糖の症状が満載!

 

これまで過食のメカニズムを怖くて
きちんと調べていませんでしたが、
これを機に客観的に考えてみました。

 

脳からの食べろ!という指令は
生命を守るため
であり、自分の意志で
コントロールできないほど、
かなり強烈な指令だと知りました。

 

そこでようやく、自分の気持ちと
行動の部分がやっと整理できました。

きっかけはもちろん自分の意志の弱さ。


でもその後ループにはまったのは、
過食嘔吐からくる栄養失調と低血糖
という体の仕組み上起こりうること。

 

過食に走ってしまう理由が自分の弱さ
だけでないとわかって救われたんです。

 

柏原先生の提唱される食べ方で、
過食嘔吐のループが止まりました。

 

とても長い間の苦しさから
ようやく解放された気持ちです。

 

炭水化物を減らすといっつも飢餓感が
あり、我慢していましたがそれがない!

 

ごはんをしっかり食べたらほんとに、
甘いものが欲しくならないうえに、
満足感もあり、ちっとも飢餓感がない!

 

体重も自然に落ち、おなかまわりも
スッキリ。春先から続いていた鼻水も
ぴたりと止まりました。

 

数字で結果が見えることも大事ですが、
私にはそれ以上に体がこの変化を感じ、
感覚だけでなく、体のメカニズムと
リンクして納得できました。

 

とても大きな収穫です!これからの
人生が変わる!と確信しました。

 

自分を受け入れることができるように
なり、この悩みを抱える人が多いならば、
私は自分の経験を活かしていきたいです。

 

それがほんとに嬉しい!
本当に本当にありがとうございます。

 

☆———————–☆

みなさんの体験談を教えてください!
また、実践してうまくいかない方も
ご質問をお寄せくださいませ。
~個別カウンセリングが受けられる
  機会もご紹介して参ります~

☆———————–☆

 

▲pagetop