ラガーマンはプロテインより◯◯で強い体を作る☆|食アスリート[第6回]

140611

 

食とスポーツのおはなし

 

アスリートもお米で元気♫

 

 

食アスリート協会(SAA)
主任講師 馬淵恵さん

——————————–

 

小学生から大学生まで
アスリートを食からサポート
管理栄養士・スポーツ栄養士

☆プロフィール詳細はこちら
http://s-a.or.jp/?page_id=16

 

——————————–

 

皆様こんにちは!
食アスリート協会主任講師
スポーツ栄養士の馬淵です。

 

 

サポートし始めて4年目になる、
とある高校ラガーマン達のお話。

 

ラグビーでは食べて大きく強い
体を作ることが大切!!

 

今年卒業した選手は
「勝つために食べる!』
を実践していた選手達です。

 

 

1年生の頃から毎日これだけのお米を
食べるチャレンジをしていました◎

 

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

朝 1合
昼 2合
夜 3合

練習前後 おにぎり

夜食 おにぎり

 

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

最初は全くお米を食べられなかった
選手達が、チャレンジし続けて3年後……

 

なんと今では、遠征先でのおひつは
どこに行っても空っぽになるほど!

 

どんぶりメシ」を片手に楽しく食事を
楽しむ選手の笑顔が忘れられません♪

 

そして何よりも私が驚いたのは、
試合でも、遠征先でも体調を崩さずに、
食べ続けることができるということです!

 

お米のパワーで手に入れていたのは、
毎日しっかりと食べられる強い胃腸
です。

しっかり噛んでお米を食べ続けることで
胃腸を鍛え、筋トレしていたのです。

 

高校卒業後、大学ラガーマンになった
選手達はさらにひとまわり大きく、
たくましくなっています◎

 

強い肉体を作るために必要な食は?
と聞かれたら、私はこう答えます☆

 

===========================
プロテインでもなく、お肉でもない!
お米をしっかり食べることが、
強い体作りには必要なんです!

===========================

 

 

次の機会には、お米でおなかまわりが
減った大学アメフト選手のお話を
お届けしますね、お楽しみに♪

 


▲pagetop