代謝をあげるカギは「Mg」です☆|おなかやせ理論[第25回]

Vol93和食とマグネシウム

これまで代謝を上げると
いいことだらけということと、

 

代謝を上げるためには
副栄養素、特にビタミンと
ミネラルをしっかり摂ることが
​重要!
とお伝えしてきました☆

 

(参考)こうすれば代謝UP♪
重要な2つのポイント☆
http://shokuiku-imagine.com/?p=483

 

(参考)副栄養素はなぜ減った!?
どう増やす!?
http://shokuiku-imagine.com/?p=522

 

その中でも着目していただき
たいのは「ミネラル」です!

 

ビタミンの中ではB群と言われる
ものが代謝に関わっており、
こちらももちろん大切な栄養素。

 

骨や歯の材料になるカルシウム、
血液の成分として必要な鉄など、
からだを作るもとになるほか、
ミネラルも代謝に使われます☆

 

ミネラルの中で、とても
多くの代謝機能に関わっている
のが「Mg」マグネシウムです◎
 

体の中でさまざまな反応を進める
300もの酵素をサポート(補酵素)
し、代謝に広くかかわっています。

 

もともと、マグネシウムが含まれる
のは穀類、魚介、大豆、海藻
など、
いわゆる日本型食生活で取り入れ
やすいものばかりです。

 

食の欧米化、特にご飯+味噌汁から
遠ざかると、自然とマグネシウムの
摂取量も減りがちに↓↓↓

 

穀類や雑穀にはマグネシウムが豊富、
ご飯味噌汁中心のおなかやせ生活
は脂質比率も下がり一石二鳥♪

 

人間の体のメカニズムは本当に
複雑にできていますが、日本人の
体質に合った昔ながらの食事に
戻るという、実にシンプルな答え。

 

おなかぽっこりは、自分の体質に
合っていない食生活のあらわれ

でもあります。シンプルに捉える
ことがおなかやせの近道ですよ☆

 


▲pagetop