アレがコレにいい、の前に……!? | おなかやせ理論[第23回]

先生と一緒に

誰もが気になる、食べ物の良し悪し。
私もよく質問をいただきます。

 

食べ物ひとつひとつには
栄養素や産地、貴重さなど、
もちろん特長があります。

 

特に「アレはコレにいい」という
健康への影響は誰もが気になる
ところですよね☆

 

でもそこで、特長の前に
考えていただきたい2点
はコチラです♪

 

☆……………………………………………..☆

その一、食べる量と頻度
そのニ、食べかた

☆……………………………………………..☆

 

とーっても体に良い栄養素を
含んでいる食べ物があったと
しても、果たして食べる量は
いったいどのくらい???

 

食べられる部分100gあたり
に含まれる栄養素の量を
調べた「食品成分表」という
ものがあります。

 

成分表を見ると、その食品の
特長(どの栄養素)が多いか
が見えてきます。

 

例えばこのビタミンが豊富、
とあり、実際100gあたりに
たくさん含まれていたとしても、
一度にどれだけ食べるのか…?

 

一人が一回に食べる常識的な量を
常用量(じょうようりょう)
とも言います☆

 

100gで比較すると、
お肉100gならぺろっとOK、
でも、乾燥わかめ100g……
ムリです、食べきれませんよね。

 

栄養素は常用量あたりで考えるのが
現実的ですし、たくさん食べるもの、
しょっちゅう食べるものの質を
考える方が効率的で重要!!

 

だからこそ、オススメするのは

 

・ごはんを雑穀入りにする


しかも質の良い雑穀をたっぷり♪

 

・味噌汁を具だくさんにする


旬の食材を選ぶ
しっかり発酵した味噌でを選ぶ

 

つまり食選力が大切なんです☆

 

さらにはやはり「食べかた」!

 

どれだけ食材にこだわり、
ごはんとおかずの6:4を
守っていても、食べかたが重要☆

 

もうおわかりですよね♪

 

食べかたのいちばんの肝は
「咀しゃく」
、そのポイントは

 

・早食いしない


定食スタイルにする
雑穀ごはんにして粒感を増す

 

・三角食べをする


味噌汁、おかず、ごはんを
順に食べて口中調味☆

 

たくさん、しょっちゅう食べる
ものの食選力と食べかた

おかなやせ&元氣な毎日を♪


▲pagetop