カロリーの内訳バランスがおなかやせポイント☆| おなかやせ理論[第6回]

計算電卓

 

先日、カロリーはしっかりとろう、
ということをお伝えしました♪

 

カロリーをたくさんとれば
病気になるのではなく、
カロリーの内訳が問題です。

 

カロリーは次の3大栄養素から
構成されています。

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

 

1)炭水化物

ごはん、パンなどのでんぷん質や
砂糖、果物などの甘いものに
含まれています。

 

3大栄養素の中でもっともカロリー
のもとに
なりやすいのが特徴。

 

※炭水化物は糖質と繊維質の
二種類ありますが、カロリー
になるのは「糖質」です。

繊維質は「食物繊維」として
また今度ご紹介します!

 

 

2)脂質

植物油や食品に含まれる油分。
カロリーのもとになるほか、
細胞膜の成分など、体を作る
材料にも使われます。

 

 

3)たんぱく質

肉、魚、卵、大豆・大豆製品、
牛乳・乳製品などに含まれ、
カロリーのもとになるよりも、
筋肉など主に体を作る材料
使われます。

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

 

とるカロリー全体のうち、
3大栄養素それぞれから
どれくらいとるかという
内訳のバランスが重要!

具体的には……

 

=======================
☆理想の内訳バランス☆

・炭水化物 約60%
 →全体の半分以上!

・脂質 約25%
 →全体の4分の1以下に!

・たんぱく質 約15%

=======================

 

日本人の食事摂取基準
2010年版(厚生労働省)

 

3大栄養素をあわせて100%
ですから、どれかひとつの
割合が減ると、残りのどれか
が増えていきます

 

 

近年の問題は、脂質の割合が
25%以上になっていること!

 

脂質をとりすぎている人も
たしかにいますが、同時に、
炭水化物が減っていることも
要因
になっているのです。

 

実は、脂質の割合が高いと
カロリーは燃えにくい!

 

どれだけカロリーを低く
押さえても、内訳バランスに
よっては太りやすくなり、
本末転倒な状況に……。

 

=======================

カロリーの大小ではなく
内訳バランスが重要!

炭水化物→半分以上!

脂質→4分の1以下に!

=======================

 

これが重要なおなかやせの
ポイントです!!

 

 

食事でどんな工夫をしたら
良いか、具体的な方法は
これからお話ししていきますね♪

 


▲pagetop