ヒラメよりマグロを鍛えて代謝アップ!|おなかやせ理論[第63回]

vol.208

 

えっ、マグロを鍛える?
柏原先生、お腹が空きすぎて
ついに…
なんて言われそうですが、
私は常に真剣ですよ☆

 

今日は筋肉のお話!
ヒラメとマグロは「たとえ」です。

 

◎代謝アップには筋量アップ

自分の意志とは関係なく常に
消費が続くエネルギーのことを
基礎代謝」といい、全体の
消費エネルギーの6割
を占めます。

 

臓器を動かす、呼吸をする、
体温を維持するなどの
生命活動に使われています。

 

基礎代謝のうち約4割は筋肉で
消費
されるので、筋肉量が減ると
基礎代謝=消費エネルギーもダウン。

 

残念ながら、筋肉量は年齢と共に減る
ため基礎代謝も減ってしまうのです。

 

◎基礎代謝アップにはマグロの筋肉

筋肉には白筋赤筋の2種類があり、
基礎代謝を上げるのは赤筋☆

 

いわゆるインナーマッスルと呼ばれ
骨や姿勢を支えている筋肉で、
含まれている赤い色素の影響で
見た目にも赤い筋肉なのです。
 

一方、白筋は体の表面近くにあって
呼吸を止めてぐっと力を入れる
重量挙げの際に使う筋肉です。

 

赤筋を鍛えると→しなやかな体

白筋を鍛えると→むきむきな体

 

つまり、赤筋を鍛えたほうが
むきむきにならず、体幹が
しっかりと締まって代謝の良い
体になるのです☆
 

この見た目の色から、
白筋=ヒラメ、 赤筋=マグロ
にたとえて説明しています。


これが今回のタイトルの理由です♪

 

◎呼吸しながら軽めのスロー動作!

重いものを素早く息を止めて動かす
のは、白筋を鍛えむきむきに。

 

赤筋を鍛えたければココに注意!

・呼吸をする
・ゆっくり動く
・負荷を軽くする

 

太極拳や弓道をイメージして
みてくださいね☆
 

ちなみに、ヒラメは意外と動きが
すばしっこいってご存知でしたか?
白筋は瞬発力に必要な筋肉
 

一方、マグロがずーっと泳ぎ続ける
ように、赤筋は持久力に関わります。
 

実際に食べるときは、ヒラメも
マグロもおいしくいただきますが
筋肉はちょっとマグロを優勢に
考えてみてくださいね♪

 


▲pagetop