ロクヨンは弁当箱でよくわかる!◎徒然食だより◎|食べかたのコツ[第29回]

vol.180

 

◎徒然食だより◎

 

JHE事務局スタッフ・管理栄養士
健康・食育シニアマスター
國枝加誉(くにえだかよ)です。

 

 

「6:4の比率がよくわかりません」

というご質問を時々いただきます。

 

 

見た目の比率で、
・6割→ごはん(雑穀米)
・4割→おかずと味噌汁

これがおなかやせメソッドです。

 

お皿で並べると一汁一菜が基本。

 

でもお弁当箱で見る方がとても
わかりやすい、ということで写真と
一緒に解説させていただきます!

 

お弁当箱の大きさや深さによって多少
ご飯の見た目は変わるかもしれません。

この写真で雑穀ごはんは約200gです。
 

 

◎セロリ葉と人参の卵とじ

油で野菜を炒め、味付けには煮干粉と塩。

煮干粉はいつも味噌汁に使っていますが、
味付けにも使えますよ☆

 

◎しめじの梅肉和え

日本酒を少しふりかけてしめじをレンジで
加熱、梅肉とすりごまで和えます。

 

◎かぼちゃの味噌汁

味噌は具材や気分で赤味噌と
麦味噌を使い分けています。
具材に肉を使うときや、甘みのある
素材のときは赤味噌がよく合います☆

 

◎じゃこ佃煮

ご飯のおともは、私は普段はつけない方が
多く、おかずと味噌汁の塩気で口中調味を
して十分ご飯を食べきっています。

 

写真では基本スタイルとしてご飯のおとも
を載せて撮ってみました☆

 

 

実際、この量を食べきるのに30分くらいは
かかります。普段から雑穀ご飯をしっかり
食べていると、自分で思っている以上に
「噛む」ことにつながることがわかります。

 

雑穀の入っていないご飯が柔らかく
感じたり、物足りなくなったり。

噛む回数を数えるよりも、咀しゃくを
確実に増やせる実践ポイントですね☆

 

 

あとはやはり「音」を意識しています♪
http://shokuiku-imagine.com/?p=449

 

 

皆さんがどのように普段実践されているか、
良かったらぜひ教えてくださいね!

 


▲pagetop