表に出ない大切な情報も伝える★米屋さんのおコメばなし|食選力アップ術[第36回]

vol.158

 

★米屋さんのおコメばなし

 

おなかやせに欠かせない食材
「お米」の豆知識をお届け!

 

◎今日の「米屋さんのおコメばなし」

皆さん、おはようございます。

 

原宿で唯一の米屋
お米マイスター五ツ星
小池精米店・三代目、
小池理雄(ただお)
です。

 

 

さて今日のテーマは
お米にまつわる情報」についてです。

 

以前もご紹介しましたように、米袋には
「品種名」「重さ」「産地」「精米年月日」
が必ず記載されています。

 

しかし…「良いお米」を選ぶにはこの情報
だけではやや物足りない…とも言えます。

 

これは農産物全般にも言えることだと
思いますが、上記以外の情報として
例えば、次のような内容があると
なおのこと良いですよね。

 

「生産地の環境」
「農薬の使用状況」
「生産者の想い」
「お米を栽培する際のひと手間」
「味及びどのような料理に合うのか」

…などなど。

 

​その中の「栽培の際のひと手間」ですが、
肥料の量や種類、品種の選定、
苗の育て方、雑草を抑える方法、
水の量やタイミング、
田んぼの苗と苗の間隔、稲刈りの時期…。

数えあげればキリがありません。

 

一つ一つの工程において、
生産者さんはそれぞれの経験値を
​もとに判断
しています。

 

この気候変動の激しい時代、
前年までのやり方が通じないことも。

 

生産者さんはその時々の状況に応じて
やり方を変え、お米の安定供給を
実現させている
のです。

 

そういった事実の一端でも消費者に
伝えることの出来るお店、米屋こそ、
「良いお米」を選ぶことができる
お店と言えるでしょう。

 

 


▲pagetop