料理しないで食選力を上げる裏ワザ☆|食選力アップ術[第15回]

Vol86レシピ

おなかやせ生活の基本形は
ごはん以外におかず1品と
味噌汁なので、そもそも
料理が苦手な方でもラクチン♪

でも中にはほとんど、いや、
全く料理をしませんという
方もおられると思います。

 

そんな方も含めて、食選力を
磨く裏ワザ
があります。

 

それは……

料理レシピ(作りかた)を
楽しむことなんです!!

◎料理のレシピを見て楽しもう♪

書籍やインターネットなど
あらゆるところで料理レシピを
探せるようになっています☆

ぜひ見てほしいのは、作り方だけ
ではなく、ちょっとした「コツ」
などの豆知識の部分
です。

どんな食材を選んだら良いか、
どうすれば美味しいか、作り手
が一生懸命工夫した結果が凝縮
されているのが料理レシピ♪

料理家さんたちは美味しく
食べさせるプロ
ですから、
レシピにどんどん頼りましょう☆

また、料理本は手に取って見る
だけでおなかがすいてしまうほど
いろどりや盛り付けがキレイ♪

「美味しそう!」はおなかやせの
マジックワード
ですし、見ている
うちに目が肥えて、自宅の料理も
次第にバージョンアップしますよ☆

 

◎本来必要な材料???

今ではスーパーにたくさんの
「○○の素」「○○ソース」
並んでおり、悩まなくても
おかずを簡単に作ることが可能。

しかし、その原材料を見てみると。

とろみをつける増粘多糖類、
味をハッキリ濃厚にするための
調味料(アミノ酸)や香料など
が含まれています。

甘みを強くするために砂糖や
異性化糖(果糖ぶどう糖液糖など)
を使っていることもあります。

その料理を自宅で作るとき、
それらは本来なくて良いもの

いわゆる添加物というものですね。

添加物がぜったいダメ!!
というよりも、便利さを選ぶと、
本来なくても良いものまで
入ってきてしまうということです。

排出力をしっかり高めておけば
時々は便利なものを上手に活用

しても大丈夫です。

普段はできるだけ本来の作り方
での料理をいただきましょう♪

 

和食が世界文化遺産に登録されて
見直されているいま、味噌や
醤油など、日本の伝統調味料の
製法を見るのも楽しいですよ☆

雑穀ごはんによく合う和だしを
活かしたレシピ本もぜひご参考に

いうおおこのメルマガで素敵なレシピを
紹介してくださっている、
柴田真希さんとの共著です☆

『たっぷりごはんとシンプルおかず
おなかやせ定食』(主婦の友社)
http://shokuiku-imagine.com/?page_id=75


▲pagetop